【本の紹介】発達障害の「教える難しさ」を乗り越える―幼児期から成人期の自立へ
著者:河野 俊一



※エルベテーク(代表:河野 俊一)の出版物です。

「子ども自身に力をつける」という指導方針。20年以上におよぶ実績と実例。
発達上の遅れや課題のある子どもたちを長年指導してきた著者が、そこから得た事実と実例に基づき、効果のある指導法を語る「自閉症児の学ぶ力をひきだす」の続編です。

(「まえがき」より)
「子どもの発達上の遅れや課題を改善する教育を行うには「教える難しさ」が、私たちの前に立ち塞がっている。
まずは、それを乗り越えることが先決であり、子どもに「教わる力」をつけることがすべての始まりになる。
だから、「教える難しさ」を明らかにし、それを克服する方法を提示することが重要である。」

発達上の遅れによる言語能力などの課題や不適切な言動を少しでも改善させたい、
周りと気持ちのいいあいさつやコミュケーションがとれる子どもに育てたいという保護者、
彼らを心から応援したいと願う指導者・教育者のための本をめざしています。

【コンテンツ】
自閉症、LD、ADHD、広汎性発達障害、知的障害・・・教科学習を通じて、発達上の遅れや課題をもつ子ども自身が力をつける!

(目次)
[第1章 「発達上の遅れと課題」にどう向き合うか]

ある父親の言葉
「親としてやれることはないか」という切実な思い
教育への期待と信頼
「教える難しさ」を乗り越える
教わる力を育てる
「どうしていいのかわからない」という子どもの思いに応える

[第2章 「教える難しさ」を乗り越える親の歩み]

子育ての難しさとは?
「これで教えられる!」という実感
【実例1】「教えていける!」と直感した親の努力と工夫
【実例2】家庭での取り組みがすべての鍵を握る
【実例3】あいまいなアドバイスと療育に翻弄された親だからわかる指導の力
【実例4】専門家の「常識」・親の「常識」で揺れながら見つけた真実
【実例5】質の高い特別支援教育を求める親の思い

[第3章 家庭学習を効果的に進めるには]

特別なやり方ではなく、当たり前のことを
まず、しっかり見る、聞く練習から
あいさつと返事
「はい」には大きな力が
学習の意味と目的
書く練習
文章を読む
文づくり
作文
作文指導の一例
たし算と引き算
生活習慣の自立
発音と発語
言葉に始まり、言葉に終わる

[第4章 みんながめざす春野君親子の奮闘]

教わる立場から教える立場へ
自分が受けた教育を他の子どもたちにも
幼児期の紛れもない事実
ダイナミックな変わりよう
「自分のしたいことが最優先」の状態から抜け出させる
応じられるようになる、学べるようになる
見習うべき手本とともに
「あの優しい母はどこへ行ったのか」
先に成長した親の導き
親子で取り組んだ学習の記憶
早退・不登校の危機を乗り越える
反復練習の大きな効果について
体育も国語や算数と同じ
現状を把握し、折り合いをつける力へ
成長にとっての学習の意味
真面目さと理想が混じり合った意見
「教える難しさ」を克服する歩み
模範となりうる貴重な成長の記録

[第5章 社会人として自立した卒業生たち]

『自閉症児の学ぶ力をひきだす』の子どもたちの成長と現在
C君(二一歳)頑張れば結果はついてくることを証明した
D君(二一歳)「諦めない」と「頑張る」を実行する
E君(二三歳)どこへ行っても「好感がもてる」と評価される
H君(二四歳)学校で初めて特例子会社に就職した
子どもたちにとって「教えてほしいもの」とは

[第6章 まとめと提言─「いい子」に育ってほしい]

あるアンケートから
事実・実例を知ることの大切さ
子育て・教育の大きな流れにどう向き合うか
自分本位に気づかせる
学校という学びの場を取り戻す
明治時代の先進性──最も優秀な教員を配置した特別学級
我慢し、折り合いをつけ、乗り越えていく力
ルールを守る姿勢から生まれるもの
「いい子」に育てましょう
育てる大人をめざして

【考え】
発達上の遅れや課題がある子どもたちにどう対応していくのか?
「しっかり見る・しっかり聞く」といった、学習をする上で基本となる姿勢を身につけさせるという点は、どの子どもに対しても違いはありません。

遅れや課題がある子どもの指導には通常よりも非常に多くの時間が必要にはなります。しかし、学習の持つ力を信じ「学ぶ難しさ・教える難しさ」を乗り越えるためには根気よく、子どもと向き合うことが重要です。

「教わる力」を育てることの大切さを認識し、教育は子どもが将来大人になった時に社会で生き抜いていく力を育て、自立して生きていくためにあるという一貫した考えが教育方針になります。

【著者のプロフィール】
河野 俊一(エルベテーク代表)
1951年鹿児島県生まれ。九州大学工学部卒業。エルベテーク代表/医療法人エルベ理事。版・教育関連会社を経て、1996年に幼児・小中学生と発達の遅れを抱える子どもを対象とした教室を開設。現在、川口・青山・ロサンゼルスの各教室を運営。
その他『子どもの困った!行動がみるみる直るゴールデンルール』(新潮社)、『自閉症児の学ぶ力をひきだす』(日本評論社)、『誤解だらけの「発達障害」』(新潮新書)、『発達の遅れが気になる子どもの教え方』(主婦の友社)など

【その他】
出版社:日本評論社
出版日:2017/5


・本のお求めは図書館・書店・ネットをご利用下さい。

発達障害の「教える難しさ」を乗り越える―幼児期から成人期の自立へ
 Amazon.co.jpで購入

自閉症児の学ぶ力をひきだす
 Amazon.co.jpで購入
048-223-8224
埼玉教室
06-4708-4138
大阪教室
埼玉教室 048-223-8224
大阪教室 06-4708-4138