生活面で問題を抱えていた息子が大学生活をスタート。「拠り所となった3年間。これから・・・」
卒業生Kさん(大学1年生)のお母さまより



 息子がどこかおかしいと感じたのは中学2年生のときでした。発語が早く、読書好き、運動もでき、習い事も順調に進級し、活発で友達も多く、周囲からは「将来が楽しみね」と言われていました。

 中学2年生のとき、成績が急降下しました。それでも休むことなく学校に通っていたのであまり心配しなかったのですが、生活面で色々な嘘をついていたことが発覚し出しました。いつの間にか部活を辞めていたり、塾に行っていなかったり、家のお金を持ち出してゲームソフトを買っていたり…。問い詰めると暴れて物を壊しました。中2病とか反抗期とかいろいろ言葉があるくらいで、過ぎ去るのを待つしかないと思っても、いつ終わるのか、知らないうちに犯罪に巻き込まれないかと不安でいっぱいでした。

 電車を乗り過ごし、学校行事の集合に遅れた後そのまま行方不明になるという事件のあと、どこかに相談しなくてはと児童精神科を受診しました。結果診断されたのは、「知的に高い水準にあるけれど発達に凸凹が大きく、それゆえにとても疲れやすい」というものでした。また、不測の事態が生じると、自分でもどうしてよいかわからなくなるようでした。療育を受ける年齢ではありませんし、「理解してあげるしかない」と言われても親としてどう接したらよいのか途方に暮れてしまいました。

 そのときエルベテークのチラシを見て、こんなところがあったんだ、ここなら息子のような子の扱いがわかるかもしれない、と面談をお願いしました。その後、高1の春からお世話になり、今年大学進学で家を出るまで3年間もお世話になってしまいました。

 息子は甘え下手で、学校の先生や先輩などに頼ることができません。エルベテークの先生方には弱みを見せることができるようで、学習面だけなく心の安定を保つための拠り所にさせて頂きました。親が言っても反発するので、先生にお願いして諭してもらったり、彼の言い分を聞いてもらったりしたことが何度もありました。先生にお願いしたから大丈夫と親も心穏やかに過ごせました。

 心のケアだけでなくエルベテークの先生方は学習の指導も優秀で、息子はとても尊敬していました。四年制大学に一般受験で進学しましたが、先生方がそこまで指導してくださるのは驚きでした。

 新しい生活が始まったばかりで不安は尽きませんが、「いつでも顔を出しに来て」という言葉に救われ、これからも拠り所にさせて頂きます。ありがとうございました。
048-223-8224
埼玉教室
06-4708-4138
大阪教室
埼玉教室 048-223-8224
大阪教室 06-4708-4138